ウォーターサーバーの選び方をランキングで優しく解説

ウォーターサーバーランキング!元販売員が徹底比較

赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーランキング

更新日:

赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーランキング

ウォーターサーバーがあると赤ちゃんのミルク作りが楽になりますし、家族の水分補給も楽になりますよね。

そして何より、放射性物質など有害な物質の心配なく赤ちゃんに安全な水を与える事に安心感を感じるでしょう。

日本の水道水は安全とは言われますが、カルキ臭がする、なんか鉄っぽい味がすると感じる人も多く、赤ちゃんが飲むには心配になってしまう事もあります。

ウォーターサーバーは赤ちゃんや小さな子供がいる家庭にピッタリだと言われています。それは水道水に比べると安全であり、生水で飲んでもおいしいからです。

30代女性
硬度が高い水と低い水があるけど、赤ちゃんにはどっちがいいの?
30代女性
ウォーターサーバーがあるとどんな時にメリットを感じる?
30代女性
赤ちゃんがいる家庭向けのウォーターサーバーはどんなものが良いの?

などの質問が質問投稿サイトでは目立ちます。そこで、それらの疑問を解決しながら赤ちゃん目線やママ目線からウォーターサーバー選びをしていきましょう。

赤ちゃんにも安心して使えるウォーターサーバーランキング

【赤ちゃん】プレミアムウォーター

プレミアムウォーターは水の品質管理に余念がない会社で、天然水のおいしさと安全性の両方が手に入ります。水は軟水で弱アルカリ性なので体に合う水であり、赤ちゃんに負担なく飲めます。

また、ウォーターサーバーはamadanaやcadoとコラボしたデザインなどおしゃれなので、ママ友が家に遊びに来た時に鼻高になれますよ。

さらに、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞 2018天然水ウォーターサーバー1位と、赤ちゃん向けのウォーターサーバーである事は間違いありません。

配送地域 水容量 水の種類
一部離島を除く日本全国(沖縄はスリムサーバー、南阿蘇の水のみ)地域や水によって無料~650円の配送料がかかる 基本プランは12Lで1,960円、マムクラブ(子供がいる家庭)は12Lで1520円、プレミアム3年パックは12Lが1,840円と7Lが1,640円 富士吉田、南阿蘇の天然水 ※金城の水は一時受付中止
サーバー代/月 ボトル 最低注文数
無料~ 自宅破棄、ボトルがしぼんでコンパクトになる(ワンウェイボトル) 1セット2本~
省エネ機能 チャイルドロック 電気代/月
スリムサーバー3、cadoサーバーはあり 全てのサーバーに搭載 600円~1080円
月額費用 クリーン機能 解約金
4,280円(3年パックで2本の水+電気代、送料無料の場合)※プレミア厶安心サポート(620円/月)に希望ならば加入可能 cado、amadanaサーバーはあり サーバーやプランにより、2年~3年以内の解約は1万円~2万円かかる

プレミアムマムクラブとは

3年契約で12Lが1,840円の所を、プレミアムマムクラブならば3年契約で12L1,520円のプランです。

5歳以下の子供がいる家庭のみで加入できるプランで、cadoサーバーのみ取り扱いとなります。

初回設置サービス無料、サーバーレンタル料金500円(通常は1,00円)で初月無料などの特典付きで利用できます。

こんな方におすすめ

  • 子供向けプランあり
  • 水パックは足元に設置サーバーあり、少量ボトルありでボトル交換がママでも楽々
  • 1時間ごとの定期検査、無菌状態でボトリングなどの安全性に配慮あり
  • 多彩なチャイルドロック(サーバー背面にロック、Wロックなど複雑で子供が真似できないロック)
  • クリーン機能搭載機種ありで衛生的
  • モンドセレクション受賞、名水百選などパパママも納得の味
  • 水の種類は変更が可能で、産地の味わいを楽しめるから大人も楽しい

【赤ちゃん】コスモウォーター

コスモウォーターは自宅で使ってる、実家で使ってるなど利用してるとの投稿が多いウォーターサーバーです。

サーバーは常時ロック、常時フリー、ボタンを押す時だけ作動の3つのチャイルドロックがあり、ライフスタイルやその日によってチャイルドロックを変えれるのが便利です。

例えば、赤ちゃんだけがいる家庭ならボタンを押す時だけ作動して誤動作を防ぎます。

また、お兄ちゃんなどの上の子と赤ちゃんがいる家庭なら常時ロックでお兄ちゃんのいたずらを防止、来客時は誰でも使えるようにロックフリーにするなどです。

また、コスモウォーターは水のフレッシュさに気を付けていて、水を産地から毎日採水し、48時間以内に出荷しています。

水が入ってるボトルは使った分だけ凹んで空気が入らないようにしていますし、サーバーは特許技術で雑菌が侵入しないようにとの工夫もあります。

いつでもフレッシュな水なので赤ちゃんに新鮮な水でミルクを作ってあげれます。

配送地域 水容量 水の種類
沖縄と離島を除く日本全国 12Lで1,900円 静岡の水(北海道~東海地方)、京都の水(近畿~四国地方)、大分の水(九州地方)自宅のエリアによって採水地は異なる。採水地は選べない
サーバー代/月 ボトル 最低注文数
無料 自宅破棄。ボトルがペシャンコになる(ワンウェイボトル) 2本~
省エネ機能 チャイルドロック 電気代/月
あり
※smartプラスの場合
全てのサーバーに搭載 smartプラスは460円、スタイルサーバー(卓上)は700円
月額費用 クリーン機能 解約金
4,260円(水ボトル2本+smartプラスの電気代) あり
※smartプラスの場合
2年以内に解約の場合、1万4,000円か9,000円がかかる(サーバーによって異なる)


こんな方におすすめ

  • 水のフレッシュさ
  • モンドセレクション金賞受賞、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2018 天然水ウォーターサーバー部門入賞
  • 自由自在のチャイルドロック、温水冷水にロック付き
  • 足元に水を設置で女性もボトル交換が楽々

【赤ちゃん】クリクラ

クリクラは全国の600院以上の産婦人科で利用されています。病院で見た事あるなぁと思う人もいるのではないでしょうか?

クリクラの安全さはFSSC22000という世界的な安全規格を取得してる事から分かるように、安全性はウォーターサーバー界でトップクラスだと言えます。

放射能検査を毎月実施して厳しい品質検査があってから出荷されるので赤ちゃんの口に入っても安心安全です。

軟水ですし、赤ちゃんにとっても飲みやすい水、出産後でもママの負担にかからない水です。

配送地域 水容量 水の種類
沖縄と離島を除く日本全国 12Lは1本1,250円、6Lは1本800円 水道水を元にしたRO水
サーバー代/月 ボトル 最低注文数
無料。あんしんサポートパック料417円/月がかかる。初回金7,000円がかかる場合もあり 回収(リターナブルボトル) 6Lボトルは3本~。3ヶ月で6本未満の注文の場合はサーバーレンタル料1,000円がかかる
省エネ機能 チャイルドロック 電気代/月
省エネ付き機種もあり 温水には装備、冷水は希望なら装備可能 500円~1,000円前後が目安
月額費用 クリーン機能 解約金
2,667円(12Lの水+あんしんサポート代+電気代) なし なし

クリクラママキャンペーン

12Lボトル(1本1,250円)を最大9本プレゼントしてくれるキャンペーンで、1万円以上相当のプレゼントがもらえます。もちろんサーバー代も無料です。

対象者は、妊娠してるママ~1歳未満の子供を持つママです。まずは2ヶ月間で3本のボトルがプレゼントされ、契約を継続すると残り6本分の水の交換チケットがもらえます。

交換チケットは1年間が使用期限ですが、1人でも1ヶ月に12Lは水を飲むため、赤ちゃんと暮らしてるのならばチケットの使用期限が迫ってる!と焦る事はないでしょう。

また、3本使い切った後に継続しない場合でも解約金はかかりません。

クリクラママキャンペーンの期限はホームページに記載がないため、しばらくはキャンペーン中だと考えられます。

妊娠中からキャンペーンが受けれるため、出産後にサーバーの申し込みなどでバタバタしなくて良いですよね。


こんな方におすすめ

  • ママ向けの特典あり&始めやすくて解約しやすい
  • 宅配水市場のお客様満足度7年連続No.1、たまひよ赤ちゃんグッズ大賞2018年RO水ウォーターサーバー部門第1位と信頼できる
  • RO水なのでコスト安。3世帯や大家族などにもお勧め
  • 少量ボトルありで女性も持ちやすい
  • 日本の安全な水道水を濾過して不純物を取り除いてるため、水道水のような臭みなし

【赤ちゃん】フレシャス

フレシャスは超精密フィルターで細菌などの体に悪いものは取り除き、旨みなど体に良いミネラルはそのままにしてボトリングされます。

さらにサーバーは全てクリーン機能が付いていて、水を最後まで清潔に飲めます。また、日本各地の名水でおいしい水を安全に飲めます。

フレシャスはサーバーはレベルが高く、グッドデザイン賞を受賞したサーバー、デザイナーが機能を考えて作ったおしゃれサーバーなどもあります。

さらにリラックマなど子供に人気のキャラクターがデザインされたサーバーもあり、子供が喜ぶようなサーバーで楽しく過ごせますよ。

配送地域 水容量 水の種類
沖縄や離島など一部地域を除いて配送可能、送料無料は一律無料 サーバーによって設置可能な水とリットルが異なる。
dewoサーバーの場合、7.2L。富士吉田が1,150円、朝霧高原が1,140円、木曽が1,170円
富士吉田、朝霧高原、木曽(ミルク作りには富士吉田か木曽がミネラル分が少なくてお勧め)
サーバー代/月 ボトル 最低注文数
無料~約1,000円 自宅破棄。コンパクトサイズで捨てれる(パック式、ボトル式のワンウェイボトル。サーバーによってパックかボトルかは異なる) dewoサーバーは4個単位
省エネ機能 チャイルドロック 電気代/月
全てのサーバーにあり 全てのサーバーにあり 330円~950円
月額費用 クリーン機能 解約金
9,570円(dewoサーバーで2箱注文+電気代)
クリーン掃除機能:全てのサーバーにあり
全てのサーバーにあり 9ヶ月未満の解約は16,200円、9ヶ月以降2年未満の解約は9,720円


こんな方におすすめ

  • デザインやボトル交換のしやすさからオリコンお客様満足度1位
  • リヒート機能で80~85度のお湯を90度に温められる、調乳に最適な70度に設定できる、常温水も可能→カップラーメン作りは90度、ミルク作りは70度など目的に合わせて温度が自由自在(スラットの機能)
  • チャイルドロックが上部で子供が押しづらい(スラットの機能)
  • 静音設計で赤ちゃんの睡眠を邪魔しない(スラットの機能)
  • 水は足元に設置、少量パックでボトル交換が楽々
  • 給水口が高くて、赤ちゃんを抱っこしたままでも水を出しやすい(dewoサーバー)
  • 水の種類が選べるため、赤ちゃんの頃は飲みやすい富士吉田の水にして成長したらミネラル補給のために朝霧高原の水にするなどができる

硬度が高い水はミネラルたっぷりで飲みごたえがある

水には硬水と硬度が少ない軟水がありますが、日本のウォーターサーバーはほとんどが軟水です。なぜなら、硬水はあまり需要がないからです。

需要がない理由は、日本の水道水が軟水だからです。だから軟水の方が口に合いやすく、硬水はまずいと思われてしまいます。

しかし、完璧な硬水とまではいかないけども、やや硬水ならば日本にもあります。それがフレシャスの朝霧高原です。まずはやや硬水とはどの程度か表を出して説明します。

硬水や軟水の値

水が硬水か軟水かというのは、ミネラル含有量がどのぐらいかで決まり、その量はWHOの基準で決まります。

ポイント

  • 0~60mg/L未満→軟水
  • 60以上~120mg/L未満→ 中程度の硬水※日本のウォーターサーバーで硬水を探すと、ここの値の水となります。
  • 120以上~180mg/L未満→硬水
  • 180mg/L以上→非常な硬水・超硬水

日本には中硬水しかありませんが、ヨーロッパなど世界には硬水の水道水もあります。

本当の硬水を楽しむのならばウォーターサーバーではなく、輸入されたペットボトル入りの硬水を飲むのが一番簡単です。

フレシャス朝霧高原は、硬度85mgで日本の水の中では硬水です。

フレシャス朝霧高原
硬度 85mg/L
バナジウム 180μg/L
ナトリウム 8.0mg
カルシウム 1.5mg
マグネシウム 1.1mg
カリウム 0.29mg
pH 8.5 弱アルカリ性

※それぞれ100ml当たりの値

ミネラルを感じるさっぱりとした後味だと工場長がホームページで発言しています。

赤ちゃんと硬水

硬水のメリットは、ミネラルが豊富なのでダイエット効果や便秘改善効果がある点です。

ミネラルが豊富と聞くと赤ちゃんにも良さそうですが、実は全くその通り!とまで言えません。

なぜなら、大人にとってミネラル豊富で良いと言う事は、赤ちゃんからしたらミネラル過度になってしまうからです。

まだ消化吸収機能が未発達の赤ちゃんがミネラルたっぷりの水を飲んでしまうと、下痢を引き起こす可能性があります。

やや硬水ならばそんなに心配はないと思いますが、便が緩くなりがちな赤ちゃんは硬水があまり向いていません。

ただし、便秘気味の赤ちゃんで2日に1回の排便だったり、浣腸しないと便が出ないのならばやや硬水は適していると言えます。

硬度が高いとミネラルがおいしく感じますが、赤ちゃんにとってはちょっと心配の場合もあるのです。

硬度が低い水はなめらかで優しい味わい

では硬度が低くて軟水と言われる水はどうなのか?硬度が高い水と同じく、商品名を1つ出して見ていきましょう。

アルピナウォーター
硬度 1.05mg/L
バナジウム -
ナトリウム 0.06未満
カルシウム 0.02未満
マグネシウム 0.01未満
カリウム 0.01未満
pH 8.5 中性

やや硬水のフレシャス朝霧高原と比べると一目瞭然でミネラルの量が違いますよね。

アルピナウォーターは軟水の中でも超軟水で、ミネラルが少ない水です。ホームページでは、とろけるような口当たりと書いてあります。

赤ちゃんと軟水

軟水は口当たりがまろやかで、ミネラルが含まれていないので赤ちゃんの内臓に負担が掛かりません。また、ミルクが馴染みやすいとも言われています。

一方で軟水のデメリットとしては、ミネラルが取りにくい点です。

暑い季節になると熱中症予防でミネラル入りのドリンクが店頭の主役になりますよね。

軟水だけを飲んでいると、熱中症対策にはならない恐れがあります。特に赤ちゃんだと体温管理が上手くいきませんし、ベビーカーはアスファルトの照り返しで熱中症になりやすいと言われています。

そのため、夏に補給するならば軟水のウォーターサーバーで塩分入り麦茶を作るなど、ミネラル入りのドリンクを作ると良いでしょう。

赤ちゃん向けウォーターサーバー選びでよくある質問&注意点

質問投稿サイトでは、赤ちゃんがいるからウォーターサーバーを使いたいという人が多いです。

そして同時に疑問に思うのが、放射性物質についてです。

また、すでにウォーターサーバーを利用してるママさんも多く、体験談が多く見つかります。

そこで、ママさんが疑問に思う事と先輩ママさんの体験談から分かるウォーターサーバー選びのポイントを見ていきましょう。

軟水で弱アルカリ性が良い

ウォーターサーバー会社のホームページなどで水について調べていくと、軟水や弱アルカリ性、pHなどが度々登場します。

軟水とは、ミネラルが適度に少ない水です。滑らか、マイルド、柔らかい味と表現されます。

反対に硬水とはミネラルが多い水で、海外のミネラルウォーターなどにあります。水が重く感じたり、スッキリ感やミネラルを感じる味と表現されます。

WHO(世界保健機関)では、1Lあたりのカルシウムやナトリウムなどのミネラルが120mg以下だと軟水、それ以上だと硬水としています。日本の水道水は軟水で、日本料理に合うのも軟水なので日本のウォーターサーバーはほとんど軟水です。

そして、赤ちゃんはまだ消化機能が未熟なのでミネラルが少ない方が良いと言われています。

そのため、赤ちゃん向けウォーターサーバーを選ぶならば軟水と書いてある水を選びましょう。

また、pHとは水が酸性か、アルカリ性か、中性かを示しています。酸性が強いと酸っぱく、アルカリ性が強いとぬるっとします。

ウォーターサーバーは一見すると中性が1番良いように思えますが、人間の体液は弱アルカリ性です。

そのため、弱アルカリ性と書いてある水の方が体に馴染みやすくて良いと言われています。

日本のウォーターサーバーはほとんどが弱アルカリ性であり、赤ちゃんに負担なく馴染みやすい水です。

チャイルドロックが付いてるから安心?

チャイルドロックと聞くと聞こえは良いのですが、チャイルドロックは温水にしかついてないサーバーもあります。温水にしかついてないと、冷水で惨劇を見るかもしれません。

体験談1:冷水はロックがないため上の子が三歳ぐらいになった時は水浸しによくされました。

体験談2:サーバーを冷水しか出ないようにしていました。

しかし、大きくなって手が届くようになると水遊びが始まり、たびたび床が水浸しに(泣)

この2つの体験談は、質問投稿サイトの間ママが回答したものです。チャイルドロックは冷水にも付いてる機種を選んだ方が良いのが分かりますよね。

また、複雑なチャイルドロックならば子供が真似しづらく、いたずら防止になります。

水の交換は大変

体験談1:ボトル交換は女性ではかなりキツかったですし、何より産後は身体を労わるためにも、自分にとって負担が少ないものを選んだ方が良いかもしれません。

この体験談も質問投稿サイトから発見しました。水ボトルは12Lが一般的ですが、12Lを胸の高さまで持ち上げるのは女性にとって大変キツい場合もあります。

妊婦さんだったり、産後で体力が戻らない時期は尚更辛いですよね。

そのため、ボトルは少量である事、12Lでも足元設置である事がママのサーバー選びにとってのキーワードです。

天然水に含まれる放射性物質が心配

質問投稿サイトで良くあったのが、放射性物質の心配です。

天然水だと放射性物質の影響をもろに受けてるのではないかと心配の声がありますが、心配は無用です。

なぜなら、多くのウォーターサーバーの水は放射能の影響がない地下何百メートルもの深くから採取水してるからです。

しかも濾過する、検査するなどでどのウォーターサーバー会社も品質管理に余念がありません。

会社によっては水の安全性をデータと共にホームページで公表してるため、放射性物質が心配ならばデータを公表してるウォーターサーバー会社を選ぶと良いでしょう。

また、超極小の穴で濾過したRO水サーバーを選ぶと良いですよ。

メリットは安全、お手軽にミルク作り、水分補給

本当に赤ちゃんにウォーターサーバーって必要なの?と思う人はたくさんいます。そこで、ウォーターサーバーがある暮らしwith赤ちゃんでメリットをまとめていきます。

水道水よりも安全な水

水道水は安全と言えども、あまりおいしくない、カルキ臭いし...と水道水をそのまま飲むのに抵抗する人は多いですよね。

また、いくら沸騰していても水道水であるに変わりはありません。また、マンションだと配管などの管理がどこまでできてるか知ってる人は少ないでしょう。

ウォーターサーバーは無菌ルームで製造、細かな管理体制など水道水にはない手間がかかっています。そのため、水道水よりも安全な水なのに間違いはありません。

安心した水で子育てできます。

お腹が空いて泣いても大丈夫!お手軽さ

いくら水道水でミルクを作るのに抵抗がなくても、水道水は沸騰させてからでないとミルクは作れません。

しかし、ウォーターサーバーはサーバーが無菌に保つ工夫などしてあるので沸騰させる手間がありません。

すぐに温水を出してミルクを溶かせるのです。

また、水道水だと沸騰させたお湯を赤ちゃんが飲めるぐらいまで冷やす必要がありますが、ウォーターサーバーは冷水も安全な水なのでそのまま使って大丈夫なのです。

温水と冷水を混ぜて作ればミルク作りは簡単です。

赤ちゃんがお腹が空いて泣いてると焦ってしまいますが、ウォーターサーバーなら楽にミルクが作れます。

そして、ミルクの作りやすさからパパもミルク作りに挑戦しやすく、育児に参加しやすくなります。

さらにウォーターサーバーは宅配水なので水を買いに行かなくても良いのもメリットです。

赤ちゃんを抱っこして水を運ぶ必要がなく、買い物が楽です。

ママの水分補給

ウォーターサーバーは、ミルクを飲む赤ちゃんだけに必要ではありません。

母乳派ママにも役立ちます。体験談では、水分不足で乳腺炎になってしまったという人がいます。

また、母乳の8割が水分であり、授乳中のママの水分補給は欠かせないのです。

母乳をあげた後は喉が乾くと良く言われるように、授乳した後は水分補給をしましょう。

また、ママだけでなくパパなど大人でもウォーターサーバーがあると便利です。コーヒーやお茶などがおいしくなりますし、赤ちゃんの離乳食作りなどにもウォーターサーバーは活躍しますよ。

デメリットはコスト、いたずら、転倒の危険性

コストが高くなりがち

ウォーターサーバーのデメリットは、電気ポットに比べるとコストが高くなってしまう事です。

ポットの場合、1日に2回沸騰させると900円/月ぐらい電気代がかかる計算です。

水道水を利用するので水代はあまりかかりません。

しかし、ウォーターサーバーだと水代がかかります。

3人~4人家族だと、水消費目安としては12Lを一ヶ月に4本ぐらいです。12Lで1,250円~1,900円だとすると、水代だけで5,000円~7,600円かかります。

これに電気代が300 円~1,000円ぐらいがかかり、配送料やサーバー代がかかる場合もあるのでウォーターサーバーの維持費はポットよりも高いです。

いたずらの標的に

赤ちゃんがいる家庭で気がかかりなのが、ウォーターサーバーにいたずらをしてしまう事です。

赤ちゃんが立って、給水口に手が届くようになると、コックやボタンを触ってしまいます。

そして、お湯が出てしまうと火傷する可能性があります。

また、冷水でもせっかく買った水が出しっぱなしになって床が水浸しになる事もあるのは、すでに体験談として書きましたよね。

赤ちゃんや子供は水遊びが好きなように、ウォーターサーバーに興味を持つのは無理ありません。

ウォーターサーバーはそれを見越してチャイルドロックが付いていますが、赤ちゃんでも見様見真似でチャイルドロックを解除してしまう可能性はあるので、心配ならチャイルドロックが複雑なものにする、ロック解除されてしまったらサーバーの機種を変えるなどしましょう。

転倒の危険

ウォーターサーバーは20キロ近くあるものが多く、それにプラスして水の重量があるので簡単に転倒するものではありません。

しかし、地震などの災害で転倒する危険はあります。

そのため、転倒防止のためにシートやストラップなどでサーバーを固定しておくと万が一の時も安心です。

また、足元に水を設置するサーバーを選ぶなど、重心が低いものを選ぶのも良いでしょう。

まとめ

40代女性
赤ちゃんに安全な水を飲ませてあげたい
30代男性
調乳を楽にしたい
20代女性
大人も楽に水分補給したり
おいしい水を飲みたい

以上のどれか1つでも当てはまる人は、ウォーターサーバーを利用するのがお勧めです。

ウォーターサーバーは使うと手放せない人も多く、生活が楽になりますよ。

そして、ミルク作りなどが楽になればその分だけ赤ちゃんとゆったり過ごす時間が長くなり、気持ちにゆとりが生まれます。

また、体の3分の2は水分からできているため、どんな水を飲むかは赤ちゃんにとって重要ですよね。軟水のウォーターサーバーを選ぶとより安心して赤ちゃんと生活できますよ。

日本の水道水は安全ですが、カルキ臭がする、マンションの配管がどんな状態か分からないなどの不安要素があるなら、ウォーターサーバーで育児の不安を取り除くのもいいですよ。

ウォーターサーバ人気ランキング

  • ランキング1位
    天然水
    フレシャス

  • ランキング2位
    RO水
    クリクラ

  • ランキング3位
    RO水
    アクアクララ

-水の質で選ぶ

Copyright© ウォーターサーバーランキング!元販売員が徹底比較 , 2018 All Rights Reserved.