世界と日本のウォーターサーバー普及率の推移

投稿日:2016年9月5日 更新日:

世界と日本のウォーターサーバー普及率の推移

日本のウォーターサーバー普及率が低い理由

最近ではお店や企業、一般家庭の中でウォーターサーバーを導入する場所が増えてきています。

しかしそれでも日本全体のウォーターサーバー普及率はおおよそ5~10%ほどとなっています。

一方、世界のウォーターサーバー普及率を見てみるとおおよそ50~60%ほどと高い普及率を誇っています。

日本のウォーターサーバー普及率が低い推移についていくつか理由を挙げていきましょう。

日本の水は安全という概念が日本人にある

理由その1「日本の水は安全という概念が日本人にある」ことです。

世界全体を見ても日本の水は綺麗であるとイメージが強いため、ウォーターサーバーを導入することに躊躇してしまっているのです。

確かに日本の水は綺麗でとても美味しいです。

しかし工業大国として栄えている日本は、年々と工業排水などで水が汚れてきていることも事実です。

世界に比べて水の単価が高い

理由その2「世界に比べて水の単価が高い」ことです。

海外ではウォーターサーバーに利用するミネラルウォーターが安価で手に入れることができます。

一方、日本ではウォーターサーバーを利用するとボトル代などを含め、一ヶ月当たりおおよそ5000円ほどの費用がかかってしまいます。

単価が安くなれば利用者も増えるのではないでしょうか。

ウォーターサーバー普及が高まった理由

世界に比べてはまだまだ日本のウォーターサーバー普及率は低いですが、近年ウォーターサーバーを導入する場所が増えている事実もあります。

その理由についていくつか挙げていきましょう。

水だけではなくお茶やコーヒーが出る

理由その1「水だけではなくお茶やコーヒーが出る」ことです。

現在のウォーターサーバーは基本的な「お湯」や「冷水」以外の飲み物を楽しむことができます。

それによって、休憩や来客時の対応が軽減されたことが理由となります。

ボタンを押すだけで様々な飲み物が楽しめるのはとても便利です。

災害時に役立つ

理由その2「災害時に役立つ」ことです。近年、大震災や津波などあらゆる災害が起きています。

こうした災害の中では水道水は汚れてしまって飲むことができません。

しかしウォーターサーバーを導入していれば、災害の中でも飲み水として利用することができます。

災害を体験してウォーターサーバーを導入する場所が増えています。

もしもの時に備えて導入する家庭が増えている

私の家でも実際に災害のことを踏まえてウォーターサーバーを利用しています。

各地の大きな災害をテレビやラジオで目の当たりにして、備えなくてはならないと感じたからです。

もしもの時に備えた対応は生きるためには必要なことだと痛感しました。

ウォーターサーバーの導入で普段の生活も快適になりますし、わざわざお湯を沸かすことがなくなるのは便利です。

これからのことを考えてウォーターサーバーを導入することをオススメします。

ウォーターサーバ人気ランキング

  • ランキング1位
    天然水
    フレシャス

  • ランキング2位
    RO水
    クリクラ

  • ランキング3位
    RO水
    アクアクララ

-疑問・よくある質問

Copyright© ウォーターサーバーランキング!元販売員が徹底比較 , 2018 All Rights Reserved.