ウォーターサーバーの選び方をランキングで優しく解説

ウォーターサーバーランキング!元販売員が徹底比較

ウォーターサーバー買い取りとレンタルどっちがいいのか?

更新日:

ウォーターサーバー買い取りとレンタルどっちがいいのか?

ウォーターサーバーはコンセントに挿して利用するため、電気代が掛ります。他にもサーバーレンタル料金が掛かりますし、メンテナンス料が発生するサーバーもあります。

水代と電気代だけのウォーターサーバーもありますが、もろもろとコストが掛かるサーバーもあるため、各社で維持費を比べていきましょう。

※水の宅配料金は無料の会社が多いため、宅配料は特別に記載がなければ無料です。また、電気代とサーバーレンタル代は月額です。

ウォーターサーバー維持費比較表

メーカー 水代 電気代/月 サーバーレンタル代 メンテナンス代 合計維持費(水代は除く)
アルピナウォーター 12リットルで948円、18.9リットル(5ガロン)で1,477円、8リットルで668円※初月無料キャンペーンあり 4本利用で約1,000円 572円 無料 1,576円
コスモウォーター 12リットルで1,760円~1,900円 465円(エコモードあり) 無料 不要 465円
うるのん 12リットルで1,385円(RO水)1,900円(天然水) 390円~1,500円 無料(天然水で卓上サーバー)、324円(天然水を注文で床置サーバー)、824円(RO水で卓上サーバー)、1,147円(RO水で床置サーバー) 無料 約400円~2,700円
サントリー天然水 7.8リットルで1,150円 弱温弱冷で240円、通常だと540円 無料 無料 240円~540円
ウォーターワン 12リットルで1,500円~1,600円 月2本利用で約600円 500円 不要 1,100円
フレシャスデュオ 7.2リットルの水で1,150円~1,183円 330円 972円、前月に2箱以上の注文でレンタル料金無料 不要 330円~1,302円
フレシャススラット 9.3リットルで1,465円 約380円(省エネモード利用時) 900円、前月に2箱以上の注文でレンタル料金無料 不要 380円~1,280円
フレシャスサイフォン 7.2リットルで1,167円~1,183円 約680円 無料 不要 680円
フレシャス 4.5リットルで897円 約340円 無料 不要 340円
アクアクララ 12リットルで1,200円、7リットルで900円 350円~1,000円 無料 あんしんサポート代(メンテナンスや修理、サーバー代などの込み込みプラン)が1,000円~1,500円 1,350円~2,500円
クリクラ 12リットルで1,250円 1,000円 無料 1年に1回のメンテナンスで5,000円必要 1,000円+年に1回のメンテナンス代5,000円

「維持費まとめ」水は安くても電気代が高い場合があり

各社それぞれ維持費を見てきました。ただ数字を並べただけなので、ここでまとめます。

まずは水代です。各社で水がRO水か、どこの天然水かで内容が変わっていますが、大体の水代は1,000円~2,000円です。メンテナンスは無料の場合が多く、メンテナンスが有料だったとしても年に1回など稀な出費です。

サーバー代は無料~と幅が広いのですが、デザインに凝ったものでなければ無料や安くサーバーをレンタルできます。

最後に電気代です。これが結構ばらつきがあります。あくまでも目安の電気代ですが、数百円~1,000円ぐらいと同じメーカーのサーバーであってもデザインが違えば電気代も変わり、しっかりとホームページを見るしかありません。

そして、水代が安くても電気代が高いサーバーもあります。そうなると、いくら水が安くても維持費は一緒です。だったらおいしい水を選びたい!となりますよね。

最近は省エネモードが付いているサーバーも多く、ぐっと電気代を節約できるようになりましたが、電気代が1,000円以上掛かると他のサーバーにした方がいいかな?と感じます。

ウォーターサーバーは購入よりもレンタルがお得?!

通常、宅配水を利用する場合には、メーカー独自のウォーターサーバーがセットになっています。サーバーは買い取りもしくは市販品を購入する方法もありますが、主流はレンタルです。

市販品を購入する場合には、利用予定の宅配水の種類によっては既製品が使えないことがあるので、事前の確認が必要です。

また、メーカーからの買い取りができる場合には、同じメーカーの水を利用すれば問題なく設置できます。ただ、ウォーターサーバーはまめにメンテナンスをしなければ、雑菌やカビの温床になりやすいという特徴を持っています。

さらに、使用環境によっても機器の状態は大きく変わってきます。

この点に関して、レンタルであれば、有償・無償はあっても低価格でメーカーが責任をもって対処してくれます。そのため、使い続ける限り安心・安全に水を利用できます。

対して個人所有の場合には、自己責任でメンテナンスをしなければなりません。機器の費用が安くても、余分な費用が必要となるので、長い目で見るとレンタルのほうがお得感が強いです。

サーバーレンタル価格の相場

ウォーターサーバーは月契約のレンタルとなり、価格の相場は1,000から1,500円くらいです。中には宅配水の購入契約をすれば、月々の使用料は無料にしているメーカーもありますね。

しかもメンテナンス、消耗部品や機器の交換サービスも無料もしくは低価格で受けられるところが多いです。

宅配水には半年から2年程度の最低利用期間がメーカーごとにあって、設定期間を過ぎていれば解約をしても違約金が発生しません。期間が満了となれば、無料で解約できるので他社のウォーターサーバーを使うことも可能です。

サーバーは日々進化していて、冷水・温水の温度設定や調整、自動洗浄機能付き、なども出現しています。

サーバーは安い価格ではないので、買取品を簡単に新機種に買い替えるのは難しいので、いつまでも古い機種だと面倒なメンテナンスに煩わされ続けることになりますね。

まとめ

ウォーターサーバーのホームページでは「水代だけ!」とか「配送料なし!」「サーバーレンタル無料!」などの宣伝があったり、水が安いと他社との比較表が図で載ってる会社もあります。

水代が安くても電気代は?サーバーレンタル無料でも水代は?と様々な料金を比較していくと、宣伝に惑わされずに済みますよ。

特に電気代は各社で違うため、省エネモードが付いているだけを確認するのではなく、月にいくらの電気代なのかまでチェックしておきましょうね。

ウォーターサーバ人気ランキング

  • ランキング1位
    天然水
    プレミアムウォーター

  • ランキング2位
    天然水
    フレシャス

  • ランキング3位
    RO水
    クリクラ

-月額料金で選ぶ

Copyright© ウォーターサーバーランキング!元販売員が徹底比較 , 2019 All Rights Reserved.