日本人に適した水は軟水!ミネラル分は硬水が有利

投稿日:2017年4月21日 更新日:

日本人に適した水は軟水!ミネラル分は硬水が有利
世界には軟水と硬水があります。軟水も硬水も同じ水ですが、カルシウムやマグネシウムを多く含むと硬水、少ないと軟水と呼びます。

どちらが日本人に合うのか、日本人に合う水のミネラル分は?と水について紹介します。

日本人に合うのは軟水!ミネラルウォーターには硬水もある

硬水や軟水とは、WHO(世界保健機関)によるとカルシウムやマグネシウムは水1リットルあたりに含まれる量で決められています。

水1リットルあたりにマグネシウムやカルシウムが120ミリグラム未満の含有量だと軟水、120ミリグラム以上だと硬水になります。

日本の水道水は軟水です。日本人は生まれた時から軟水の水道水に馴染んできたため、体に合うのは軟水です。軟水はダシが馴染みやすい特徴があり、ダシで勝負する日本食に適した水とも言えます。

また、日本は軟水でも東日本と西日本で軟水にも差があります。東日本は硬水に近い軟水ですが、西日本である京都では東日本よりもミネラル分が少ない軟水です。

京料理はあまり味付けせずにダシの味を引き立てる料理が多いですよね?軟水は昆布のうま味であるグルタミン酸を引き出しやすい性質があり、軟水なくして京料理は成立しないとも言えます。

軟水メインの日本ですが、全く硬水がない訳ではありません。ミネラルウォーターとして輸入品が店頭に並んでいるのを見た事がある人はいるのではないでしょうか?

ヨーロッパのミネラルウォーターは硬水が多く、フランスのエヴィアンやヴィッテルは硬水です。硬水も日本にはあり、日本人全員が口に全く合わない訳でもありません。

軟水と硬水を比べた時に、軟水の方が飲みやすくて日本料理には合うというだけです。

マグネシウムとカルシウムの摂取が大事!その点は硬水が勝ち

日本人に馴染み深いのは軟水ですが、硬水にはメリットが何にもないのか?もちろん、硬水にもメリットはあります。

それは、硬水だと余分なタンパク質をアクとして浮かび上がらせて肉を柔らかくする力に優れている点です。欧米料理が多い近年では嬉しいメリットですよね。

硬水が適している状況とは?

また、硬水はマグネシウムやカルシウムが軟水よりも多く含まれているため、ダイエットに適している水でもあるのです。

運動などをした後で水分を補給する場合も、マグネシウムやカルシウムが必要になってくるので、マグネシウムやカルシウムを多く含んでいるので適しているのです。

マグネシウムやカルシウムはには筋肉が運動することを助ける働きがあり、運動をすることで摩擦をしてしまう筋肉の摩擦を防いでくれたり、運動をした時などに足がつったりするのを防いでくれる働きがあります。

ミネラルは体の代謝を上げるのをサポートするため、代謝を上げて脂肪燃焼を促進してくれます。

さらにカルシウムは脂肪の吸収を抑えてくれますし、マグネシウムは腸を刺激して便秘改善をしてくれます。

硬水のメリットは、脂肪が付きにくい体になる事と便通を良くする事です。その点は軟水よりも優れています。

硬水をいきなり大量に飲むのは注意

だからと言って、硬水をいきなり大量に飲むようなことは避けましょう。いきなりたくさん飲んでしまうとお腹を壊してしまう可能性があります。

また、水道結水は、一番身近にある水ですが、消毒を行うために水の中には塩素が含まれていたり、化学物質が含まれていたりします。

そのため、水道水水は身体に良い水と言うことはできないのです。

水道水に含まれている塩素やカルキなどを取り除くために浄水器などを取り付けている家庭もおおくあります。

しかし、浄水器を取り付けてあっても水道水の中に含まれている不純物や放射性物質などが全て取り除くことはできないので、水道水は飲み水に適している水と言うことができないのです。

このようなことを見ていくと、日本人の身体に適している水は、水道水などではなく、日本人が赤ちゃんも含む家族全員に適している水質は軟水の水がおすすめなものになります。

ウォーターサーバーは硬水か軟水か?生活スタイルを考えよう

軟水の方が日本人の口に合いますが、ダイエット好きで便秘持ちの人が多い日本人に必要なミネラルであるマグネシウムやカルシウムが多く含まれているのは硬水です。

じゃあ、ウォーターサーバーではどちらを選べば良いのか?悩みますよね。そんな時は、生活スタイルに分けて考えてみましょう。

軟水が向いている世帯

  • ミルクを飲む赤ちゃんがいる世帯→粉ミルクが軟水の方が溶けやすいから
  • シルバー世代がいる世帯→日本食に合いやすく、飲みやすいから

硬水が向いている世帯

  • ダイエッターの奥さんや娘さんがいる世帯→脂肪を付きにくくするから
  • 運動部の子供がいる世帯→硬水は運動後の足つりを改善する可能性があるから
  • 肉料理が多い世帯→硬水は肉を柔らかくするから

ウォーターサーバーを選ぶ時は、上記のような生活パターンや家族構成を参考に選んでみてはどうでしょうか?注意点は、これらはあくまでも一例だという点です。

妊婦

妊婦にありがちな便秘には硬水がお勧めですが、赤ちゃんが生まれた途端に軟水に切り替えるのは出産直後でバタバタしている時期にはあまりお勧めではありません。

高齢者

また、高齢者には昔から飲み慣れた軟水が口あたりが良くてお勧めですが、高齢になると水分不足や運動不足で便秘になりやすくなります。そのため、シルバー世帯でも硬水がお勧めと考える事もできます。

普段から軟水に慣れた人が硬水を飲むと、水が固い、苦い、重い、まずいなどを感じやすくなります。

また、軟水でもサーバーによって味が違いますし、硬水でも種類によって味は変わります。つまり、おいしいと思う味や続けやすい味を選んだ方がサーバー選びには向いていると言えるのです。

まとめ!日本人に合う水は軟水

日本人に合う水は軟水で、軟水の方がおいしいのは確かです。しかし硬水にも良さがあり、ミネラルの事を考えると捨てきれません。

どっちをサーバーで選ぶべきかは、味や生活スタイル、理想の体などを考慮して決めると良いですね。

ウォーターサーバーはお試しレンタルをしていたり、ショッピングセンターなどで水を試飲できます。それぞれに特徴やメリットはあるため、生活スタイルを店員さんに相談してみてはどうでしょうか?優良店ならば、相談に乗ってくれるはずです。

ウォーターサーバ人気ランキング

  • ランキング1位
    天然水
    フレシャス

  • ランキング2位
    RO水
    クリクラ

  • ランキング3位
    RO水
    アクアクララ

-疑問・よくある質問

Copyright© ウォーターサーバーランキング!元販売員が徹底比較 , 2017 All Rights Reserved.