ウォーターサーバーの選び方をランキングで優しく解説

ウォーターサーバーランキング!元販売員が徹底比較

ママおすすめ!ウォーターサーバーで楽々ミルクの作り方

更新日:

ママおすすめ!ウォーターサーバーで楽々ミルクの作り方
粉ミルク作りはウォーターサーバーがあると楽々!冷水だってそのまま入れて大丈夫

乳児を持つママさんは、毎日のミルク作りに奮闘中ですよね。赤ちゃんが泣いたらミルクを作って、飲み終わったら哺乳瓶を消毒して…。そうこうしているうちにまた赤ちゃんの授乳時間がやってきて...(泣)新生児はミルクを3時間おきにあげるなど、1日が授乳時間でいっぱいいっぱい(汗)なんて事ありませんか?

これから出産を迎える人も、今まさにミルク作りに励んでいる人も、ウォーターサーバーがあれば赤ちゃんのミルク作りが簡単です。

熱湯を入れて流動水で冷ましていく、面倒くさ過ぎるミルク作り

ミルクの作り方はすでに赤ちゃんがいる人は知っていると思いますが、これから出産を迎える人に簡単に紹介します。

ミルクは適量を哺乳瓶に入れ、70度以上の熱湯を注ぎます。それだけだと熱すぎて赤ちゃんは飲めないため、水道水を蛇口から流しながらミルクを冷ますか、ボールなどに水を入れて、その中に哺乳瓶を入れて冷ますかになります。

なぜ70度以上の熱水を粉ミルクに利用するのかと言うと、粉ミルクの中にはサルモネラ菌などの悪い菌が微量ながらに存在するからです。

また、いくら水道水が消毒されているとは言え、菌がいない訳ではありません。しかも塩素消毒してあるから口にするのがなんとなくイヤなど、水道水を生で飲むのに大人だって抵抗する人もいますよね。そのため、粉ミルクは熱水で作って冷ましていくのが一般的な作り方なのです。

なぜ軟水が赤ちゃんに優しい水なのか

赤ちゃんのミルクには軟水が良いとされていますが、その理由についてご存知ない方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんには軟水が良いとされている理由には、水に含まれるマグネシウムやカルシウムなどのミネラル分が関係しています。

このミネラル分は体が出来ている大人には必要な成分となりますが、生まれたての赤ちゃんはミネラル分を体内で分解できないためお腹を壊してしまいます。

軟水には過剰なミネラル分が含まれていないので、ミルク作りに最適とされているのです。

ウォーターサーバーなら冷水を注いで温度調節できる

熱湯を哺乳瓶に入れては冷ましてを繰り返すのは、非常に面倒くさい...。そう思いませんか?水にさらすのは水道代が掛かってしまいますし、熱湯をいちいち冷ましている間にも子供が泣きわめいて急かしてきますよね。熱湯に水を足して今すぐにでもミルクを完成させたい!って思いませんか?それができるのが、ウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーは熱湯も出ますし、冷水も出ます。水道水と違うのは、どちらも水道水よりも飲みやすい事です。水を濾過してあるため、赤ちゃんの体にも合いやすい水になっています。

ミルクの作り方「7(お湯):3(冷水)」

粉ミルクの適量を計り、哺乳瓶に入れたら熱湯を入れます。粉ミルクが溶けたら、そこにウォーターサーバーの冷水を哺乳瓶に直接入れて完成です。体温ぐらい(40度)にミルクの温度を調節すれば良いため、熱湯と冷水を交互に入れて温度を調節する事ができるのです。しだいに哺乳瓶にどのぐらい熱湯と冷水を入れたら人肌ぐらいの温度になると分かってくるはずです。

ウォーターサーバーなしで熱湯を水で冷まして行くと、冷めすぎた!となる時もありますよね。冷めすぎたからといって熱湯を注ぐとミルクが薄くなってしまいますし、微妙な調節ができないのがミルク作りの試練です。ウォーターサーバーは冷水をそのまま飲めるからこそ、ミルク作りが楽にできるのです。

ミルクにお勧めの水はRO水

ウォーターサーバーには自然の川や湧き水から採取した天然水と、水道水を濾過して不純物を取り除いたRO水があります。

自然から採取した天然水の方が体に優しそうなイメージがありますが、ミルク作りに利用するならばお勧めなのがRO水です。

なぜなら、RO水は水道水を超細かい穴しか空いていない膜で濾過したものだからです。

細かすぎてミネラルさえも膜を通過できず、純粋な水の粒子しか通しません。メーカーは旨味としてミネラルを後から添加している場合が多いのですが、RO水ならば水道水以上のきれいな水を飲めます。

天然水は自然の恵みでおいしいのですが、なにせ濾過しているとは言え自然の水なので赤ちゃんには合いにくい場合があります。

水道水とは違った風味を楽しむ大人はおいしいのですが、飲みやすさやなめらかさ、粉ミルクに合いやすさはRO水の方が上です。粉ミルクは水道水で作るのを前提にしているので、合いやすいはずですよね。

ウォーターサーバーを選ぶ時は、RO水と書いてあるものを利用しましょう。(天然水をRO濾過したものもあり。)

水分補給の白湯作りもウォーターサーバーなら楽ちん

赤ちゃんがいる家庭にウォーターサーバーがあると、ミルクを作る以外にも楽になる事があります。それが白湯作りです。

赤ちゃんはミルクだけではなく、湯上がりや夏の暑い時の水分補給として白湯や麦茶を与える場合もあります。

ミルク同様、白湯もお湯を水道水などの冷水で冷ましていく必要がありますが、ウォーターサーバーがあれば熱湯も冷水も操って適温にしやすいですよね。これからの暑い時期は特にウォーターサーバーがあると便利です。

まとめ

ウォーターサーバーは赤ちゃんがいる家庭ではあると大変便利です。大人も水分補給が楽になりますし、赤ちゃんのミルクや白湯作りも楽になって育児の助けとなります。

ウォーターサーバーならばミルク作りが簡単なので、旦那さんもミルク作りに参加しやすくなりますよね。そしたらママは大助かりですし、夫婦での育児に一歩前進します。

私も赤ちゃんが生まれて間もなくしてウォーターサーバーを家に導入しました。

ウォーターサーバーがない頃は思うような温度のミルクを作ることができず、水道水に哺乳瓶をつけて冷やしたり、振って冷めるまで待ったりといったことがしょっちゅうありました。

しかし、ウォーターサーバーを利用するようになってからは少しミルクが熱すぎても冷水をそのまま入れることができるため、すぐにミルクが作れるようになりました。

手間が省けた分、睡眠時間を取ることができて助かっています。皆さんも子育てでなにかと忙しい日々をお過ごしのことでしょう。少しでも手間を省けるようにウォーターサーバーを導入してみてください。きっとその便利さに驚くことでしょう。

赤ちゃんのミルクだけではなく、料理などにも利用しても良いのでおすすめです。是非検討してみてください。

ウォーターサーバ人気ランキング

  • ランキング1位
    天然水
    フレシャス

  • ランキング2位
    天然水
    プレミアムウォーター

  • ランキング3位
    RO水
    クリクラ

-使い方・導入方法

Copyright© ウォーターサーバーランキング!元販売員が徹底比較 , 2019 All Rights Reserved.